2009年02月21日

モハ2形に室内照明を取り付ける

HT3-090221-1.JPG
箱根登山鉄道レイアウト第3弾のご依頼者様よりリクエストがありましたので、標準塗装ステンレス扉車へ室内灯を組み込みました。
方法は前回と一緒です。
トレーラー車の前照灯が全然点きませんでした。
何回やってもダメなんです。仕方が無いので手持ちの車両の前照灯ユニットと取り替えました。
少し話が脱線しますが・・・
再生産されたNT44の走行性能悪いと思いませんか?!
私のヤツはものすごくダメです。
全然スムーズに走りません。
買ってから1ヶ月放置した後に走らせて発覚しました。
いまさら文句が言えません!!

HT3-090221-2.JPG
青塗装にも組み込みました。
こちらは順調に進みました。
側面発行ファイバーがもうすぐなくなります。
あと1編成ぐらいはやれるかな?!


ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
posted by りょう at 23:01 | 鉄道模型車両加工
2007年07月21日

M車ウエイト克服

20070721-1.jpg20070721-2.jpg
モハ1形M車に室内灯を付ける その後です。
皆さんのアドバイスによってウエイト補充が出来ました。
上州屋で店員に聞いたらすぐ見つかりました。
コレはやわらかくてハサミやカッターで簡単に切れるのでベリーグッドです。
前回つけたスイカの種を取り除き板おもりに変えたら目標重量クリアです。
気分を良くしてもう一両(モハ1形)のM車にも照明組み込みます。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型車両加工
2007年07月15日

モハ1形M車に室内灯を付ける

20070715-1.jpg
モハ1形M車に室内灯を付けました。
作業途中の写真を撮り忘れました。
文章だけで上手く伝わるか心配ですが説明します。
まず、ボディーを外しさらに屋根裏のゴッツいウエイトを外します。
ボディーの屋根裏の突起は削り落とします。
照明ユニットはT車同様KATO室内灯ユニット(LED)を使いました。
t0.5プラ板を64mmx11.5mmに切り出します。コレに両面テープを全面に貼ります。
KATOの室内灯ユニットの基盤にヒレをカットしたホルダー取り付けプラ板に貼り付けます。
プリズムは使用しません。替わりに例の側面発光ファイバーを使います。
ファイバーをUの字に先のプラ板に張り付けファイバーの両端はLEDの発光部にぴったりと位置を合わせて固定します。
あとは隙間にコーヒービートではなくて釣用のオモリを取り付けます。
もっと上手にやればもっとオモリを付ける事が出来たかも知れません。
コレでも足りないので床下のオモリの隙間にも取り付けました。
無加工のM車よりも加工後のM車の方が20グラム軽いです。
同じにしようとするとコーヒービートをあと6、7粒付けねばなりませんがそんな隙間はもうありません。
試しに走らせましたが時々止まります。
レールコンディションを最良にすれば改善するかも知れません。
理想はあと20グラム。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型車両加工
2007年07月07日

モハ1形に室内灯を付ける(2)

モハ1形に室内灯を付ける 続きです。
写真1枚目は取り付け状態内部です。
写真2枚目は組み立て完了状態です。
プリズムが窓上方から見えていますが見なかったことにしています。ボディーの屋根裏に突起があったのでそれを切り落とせば改善されると思いますが、とにかく早く点灯させたかったのでそのままです。写真の室内左端に配線が少し見えていますがコレも同様に改善できるかもです。
そしてそして写真3枚目、点灯試験&記念撮影じゃあぁ。
20070707-1.jpg

20070707-2.jpg

20070707-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型車両加工
2007年07月06日

モハ1形に室内灯を付ける(1)

鉄道模型レイアウトに電飾を施してゆくと車両の室内が暗いことがだんだん許せなくなってきました。
それで室内灯を組み込むことを始めましたが、今回はT車のみです。
M車はそのボディーを外してみて改めてビックリ!!これは無理じゃねーの。
ここでしばし悩む。M車が無理でT車だけやったとして意味あるのか?!・・・・悩むのが面倒になってきたのでT車だけとりあえずやってしまおうということになりました。
ということで写真1枚目は作戦を立てるために分解しましたよの図。結果的には台車を外す必要はありませんでした。
写真2枚目、KATOの室内灯ユニットを利用しています。
まずプリズムの幅と長さをボディーに合わせてカットします。
基盤ホルダーのヒレ(基盤から出ているピンを支える部分)はカットします。これは連結面を塞いでしまうし基盤から出ているピンは曲げてしまうので不要だからです。
付属のアルミテープにプリズムと照明ユニットを両面テープで貼り付けます。
基盤のピンにエナメル線をハンダ付けしさらにエナメル線の先端に付属の銅板をハンダ付けしておきます。
この状態でアルミテープの台紙をはがしボディーの天井裏に貼り付けます。
そして写真3枚目、エナメル線の先端に付けておいた銅板を前照灯ユニットから銅板が出ている穴に突き刺します。

モハ1形に室内灯を付ける(2)に続く
20070706-1.jpg

20070706-2.jpg

20070706-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型車両加工
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。