2009年08月12日

箱根登山レイアウト第3弾 あじさいライトアップ

HT3-090811-1.JPG
初夏の箱根登山鉄道の線路脇にはたくさんのアジサイが咲いています。
そしてこの時期は「あじさい電車」が運行されます。

このレイアウトの裏手の一角にあじさいエリアがあります。
今回アジサイの表現方法を変えてみました。
今まではバラストを着色してフォーリッジに一粒一粒貼り付けていたのですが、塗料を筆にたっぷり含ませてフォーリッジにちょんちょんって感じでやってみました。
白、紫、ピンク、黄緑をランダムに。

HT3-090811-2.JPG
ライトオン!!
奥にある上からの照明が暗い感じです。
作り直しかあ!!
この照明作るだけで3回パアにしました。


レイアウトを作ろう・再起動
開催カウントダウン=国際鉄道模型コンベンションに出展します

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 01:05 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト演出関連
2009年08月09日

箱根登山レイアウト第3弾 塔ノ沢温泉案内

HT3-090809-1.JPG
塔ノ沢駅には案内板があります。
それを作ることにしましょう。

HT3-090809-2.JPG
コレは現地で撮影してきた実物の写真です。
コレをプリントアウトして使うことにします。
その前に平行四辺形に変形してるので、画像編集ソフトで形を整えます。

HT3-090809-3.JPG
キットのランナーを利用して枠を作りブラウンで着色し固定しました。
設置位置は実物とは違います。
雰囲気をキープしたアレンジとなります。


レイアウトを作ろう・再起動
開催カウントダウン=国際鉄道模型コンベンションに出展します

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 22:24 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト演出関連
2008年12月06日

日本唯一の登山電車

IMG_1389.JPG
早川橋梁と国道の間のわずかな敷地にこのような看板があります。
実物はこの上に登録有形文化財という表示板も付いていますが省略しました。
IMG_1391.JPG
今日はバスのケツではなくて正面です。
旅館をチェックアウトした車が鼻先を出しています。
道幅が狭いのでもう少し引っ込んでもらいたいです。
IMG_1393.JPG
旅館の名前は「ゆうき」です。
由来がわかる方はごく一部のはずです。
IMG_1396.JPG
信号場に進入してくるベルニナ号です。
posted by りょう at 01:53 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2008年11月24日

塔ノ沢駅のある物

XXNY0030.JPG
さてこれは何でしょうか?!
散々悩んだ挙句チョイスしたパーツは抵抗です。
爪楊枝を成形しようかとか、プラモデルのランナーを成形しようかとかいろいろ頭の中で思考が巡ってたどり着いた答えがこれです。
決して笑わないでください。
posted by りょう at 23:32 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2007年03月10日

旅館天海オープン

旅館天海の営業が始まりました。
早速宿泊客の姿が見えます。
旅館前の柵はミニホームセットのパーツをNATOブラックで塗装したもので、石積みの壁はKATOの石畳です。電柱は街コレのを見繕って立てました。
当初からある近くの民家の位置を少し修正するとともに塀で囲いました。いのししに進入されてはいけませんからね!!
旅館の間取りですが2階に客室が3つ、1階はフロントと厨房と風呂場そして卓球場です。
昼間はお食事処としても利用可能なようですが、はたしてこんな不便なところにわざわざ食事しにくるお客はいるのでしょうか?
20070310-1.jpg

20070310-2.jpg

20070310-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2007年03月04日

旅館天海の配置

20070304-1.jpg
山だらけの鉄道模型レイアウトですが旅館を置く場所を確保しなければなりません。
平地を作り出すために山を削りました。ユンボやダンプカーは不要です。
変わりにノコギリとゴミ袋が必要です。
20070304-2.jpg20070304-3.jpg
スチレンボードで土台を作り山を削って出来たスペースに固定しました。
造成した地面は石積みで固めた設定です。
旅館までの道路はまだ完成していません。
柵もまだ出来ていません。
ちなみに旅館の名前は「旅館天海」です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年12月24日

一通り終わり・・・

カバーのマジックテープ大作戦を実施してみましたが、これが結構強力で着脱するのが大変です。
他の方法を考えたいと思います。
20061224-1.jpg20061224-2.jpg
今日はとりあえず男を磨いて、あっ違ったレールを磨いて埃を掃除機で吸いました。
それから細かいものをチマチマ付けました。
ホーム駅名標、信号所駅名標(厳密には駅名標ではない)いのしし看板、神社の坂道に手摺、出発信号、郵便ポスト、などなど。
この記事枠では写真掲載数の関係で全部を紹介できないので後日あらためます。
駅名標はペイントで作ったものをタック紙にプリントし、ミニホームセット付属のパーツに貼り付けました。箱根登山鉄道の駅名標には標高も記されています。下り方面の駅名は出山信号所となっています。
乗降の無い信号所にも駅名標が設置されており、方向転換するので行き止まり側の駅名の代わりに標高が記されています。
いのしし注意の看板はネットで拝借した画像を編集利用しています。
やはり鉄橋は例の独特の形状のが良かったなあ・・今更だけど。
20061224-3.jpg
約半年かけて作ってきた鉄道模型レイアウトですがこれで手付かずの所は無くなったのでとりあえずホッとしているところです。
実際にはもっともっと作りこみたいところとか、アレをつけたいなあとか有るのですが、来年は新しいモジュールを作らねばなりませんのでそれの合間にやっていこうと思います。

1000形の走行シーンをフォトアルバムにアップしましたのでよろしければ見ていってください。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年11月26日

レイアウト劇場・乗りそこなった

20061126-1.jpg20061126-2.jpg
ずいぶん長い時間神社のお参りをしていたご婦人がホームに着いたと同時に電車は発車してしまいました。
「あらあら、一足おそかったわねえ。次の電車は・・・」
時刻表とにらめっこをしています。
そんな乗り損ねた乗客を尻目に登山電車はホームからすべり出すとすぐに登り勾配になりトンネルの中へ消えて行くのです。
20061126-3.jpg
チョットレイアウトの舞台裏の写真を。
今の駅の跨線ポータルの先はこうなっています。
オーバーランしても大丈夫なようにスポンジを貼り付けています。
DYI店に良く売っているドアの隙間塞ぎ用の帯状になったスポンジです。
両面テープが付いているので好きな長さに切って貼るだけです。
手動運転の時は勘で止めていますので時々ぶつけます。
自動運転のとき、極まれにセンサーが働かず激突することがあります。
なのでスポンジは必須アイテムです。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年11月15日

神社に参拝者第1号

20061115-1.jpg
神社への坂道は最近舗装されました。
それまでは歩幅の合わない緩やかな階段で、それも土がだれない様に丸太で組んだような階段でした。
駅前の舗装工事にあわせて便乗する形で舗装されたようです。(フィクションです)
作り物の世界ですから設定は自由自在です。これも鉄道模型レイアウトの楽しみの一つですね!!
神社は木に囲まれており社殿の裏に回るとコケの匂いがプンプンします。
神社の周りは砂利が敷き詰められており強靭な草はその砂利を押しのけて顔を出しています。
砂利はオーバースケールの方がいいだろうと大き目を
散布しましたが、人形を立てるとアンバランスが目立ちます。
あっそうそう、いつもの掃除している駅員さんはsyonanmodelさんの所に出張しているので今日はいません。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年11月04日

ファインリーフ

少し前にシースルー樹木の話がありましたが、ソレを実行しようとKATOのフォーリッジを買ったつもりが間違えてファインリーフフォーリッジを買ってしまったようです。
商品が届いてから発覚したのでしょうがありません。
20061104-1.jpg20061104-2.jpg
でも結構細かい葉っぱで茂った感じに出来上がっているので早速付け替えてみることにしました。
以前よりはだいぶ向こうが透けて見えます。耐久性は不安です。まあ結果オーライですね。
次に山の裏手、信号所の向こう側の植樹を行いました。この区画はこのレイアウトの中ではチョット地味な存在かもしれません。将来この区間でアジサイを表現できればいいなあと思っています。
20061104-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月29日

信号所まわりの処理

20061029-1.jpg
今日のレイアウト工事の状況です。
信号所近辺の草木を増やしました。
線路の中にまで生えている草や走行する車両に触れそうな木々をフォリーッジやターフで表現しています。
20061029-2.jpg20061029-3.jpg
信号所先端の架線柱をようやく取り付けました。
特にターフは線路にばら撒いて木工ボンド水溶液を垂らすという地味な作業です。
ばら撒いたターフが鼻息で飛んで行ってしまうので大変でした。近日中に動画もアップします。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月22日

大草原の小さな小屋

20061022-1.jpg20061022-2.jpg
タイトルに深い意味はありません。
鉄道模型レイアウト製作内容です。
今日はほんの少しの時間しか工事が出来ませんでした。
信号所の下にある小屋、何のためにあるか分からない小屋ですが、その周りが草ぼうぼうになりました。
フォーリッジ(繋がったヤツ)を敷き詰めました。
そして石積みの壁の塗装の手直しをしました。
それにしてもベルニナ号大活躍です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月07日

植林作業

20061007-1.jpg20061007-2.jpg
今日は仕事だったので夜になってからの工事です。
秋の夜長に工事に没頭と行きたいところですが夜更かしをすると次の日がダメなのでそんなことはしません。
で、相変わらず植林作業をしております。て言うかこのレイアウトそれしかないんですけど。
画像加工してヘッドライトを光らせてみました。
それと木の間からのチラリズム。
噂によると易者(だからこの変換は何!!)駅舎をまたいじってる様です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月01日

渓谷部の表現

20061001-1.jpg20061001-2.jpg
レイアウト右側に川があります。一応この鉄道模型レイアウトの見せ場の一つなんですが、その川の表面仕上げのためにグロスポリマーメディウムを塗りました。
急流ではないのでさざなみ等は表現していません。
そしてフォーリッジでおおい茂った木々を表現しました。
この部位が出来ただけでもう完成した気分です。記念撮影をパチリ!!
箱根登山を作っていながらトップの画像が旧レイアウトのものだったのですが、
やっとこのレイアウトでお気に入りの写真が撮れたので入れ替えました。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年09月23日

コンクリート製ガード

20060923-1.jpg
箱根登山鉄道のカーブの谷側にはコンクリート製のガードがあります。
かなり年季が入ったようでほとんど黒です。
今日はコレを付けてみました。かなり効果がありますね!!
他の作業としては山に緑のスポンジ(市販品)をチマチマ貼ってます。
このレイアウトはほとんど山ですのでそれを貼る面積って恐ろしいです。
「コレも修行だと思って頑張れ」と自分に言い聞かせて・・・・・・・・・。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年09月18日

線路際の演出

鉄道模型レイアウト製作工程の中でじれったい作業があります。
それはカラーパウダーや細かい着色スポンジを固着させる作業です。

それで今日、線路際の土の表現方法で試してみた工法を紹介しますね。
1.KATOの土色ブレンドターフを中性洗剤入り水に注いでシャビシャビの粘土状にする。
2.ヘラですくってパテを盛る要領で線路際に盛っていく。
3.ターフをまぶしたりフォーリッジを配置する。
4.木工ボンド水溶液を上からスポイトで垂らす。
要は、霧吹きで湿らせて水溶液の浸透を助けるというのが面倒だっただけです。
この工法は使えそう・・・・。
そのあと恒例の記念撮影です。

20060918-1.jpg
20060918-2.jpg
20060918-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。