2009年07月11日

箱根登山レイアウト第3弾 緑化作業続き

HT3-090711-1.JPG
巷で修行だと噂されている緑化作業を行いました。
約半分といったところでしょうか。
線路際に草をはやしたりするとリアルになります。

HT3-090711-2.JPG
早川側の線路周りもディテールアップしました。



レイアウトを作ろう・再起動

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 23:36 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト地形製作
2009年06月28日

箱根登山レイアウト第3弾 地形製作その3

HT3-090628-1.JPG
白い山を緑色に塗装します。
使うのはカラージェッソのテールベルトです。

HT3-090628-2.JPG
川を塗装で表現します。
まずカラージェッソのグリーンで川一面を塗ります。
そのあとリキテックスのアクリル絵の具のコバルトターコイズとプルシアンブルーを使ってグラデーションします。

HT3-090628-3.JPG
乾いたところでグロスポリマーメディウムを流します。
塗るのではなく流すのです。
筆を使わずボトルの蓋を空け、垂らし流し広げる感じです。

HT3-090628-4.JPG
この周りだけ植樹しました。
クランプフォーリッジを二色使っています。

レイアウトを作ろう・再起動

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 15:01 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト地形製作
2009年06月15日

箱根登山レイアウト第3弾 地形製作その2

HT3-090614-1.JPG
はい!!石膏作業ですよ。
緩衝材やら、新聞紙で地形を整え終わったのが午後10時。
それから石膏作業にとりかかり今終わったところです。
線路や、鉄橋、駅など汚れちゃまずいものにはマスキングを忘れずに!!

HT3-090614-2.JPG
断崖絶壁です。
こんなんでも植林すると不自然でなくなるのです。

HT3-090614-3.JPG
裏手です。
ココは紫陽花エリアとなる予定です。
電飾用のコードをあらかじめ引き回してあります。


レイアウトを作ろう・再起動

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 00:40 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト地形製作
2009年06月07日

箱根登山レイアウト第3弾 地形製作その1

HT3-090607-1.JPG
地形の基礎作りの続きです。
断崖絶壁部分は工作用紙の短冊を編むようにしてこんな感じに処理します。この上にプラスタークロスを被せてゆきます。

HT3-090607-2.JPG
宅急便などに入っている緩衝材で山を作ります。
適当でokです。
マスキングテープで要所を固定しながら形を整えます。

HT3-090607-3.JPG
早川の岩場はウッドランドの情景キットを使っています。
2個型抜きしてから着色します。そのあと上下2分割します。すると4ピースになるのでそれを適当に配置して雰囲気を確かめながら、イメージが固まったら木工ボンドで固定します。

それから・・
プログラムコントローラーの価格と発売時期の目処が立ちました。



レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 22:42 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト地形製作
2009年03月29日

箱根登山レイアウト第3弾・稜線枠を作る

HT3-090329-1.JPG
レイアウトボードとスタイロフォームの接着が完了したので、今日はレイアウトを囲う枠を作ります。
今回も黒色のプリントベニヤです。
第1弾レイアウトが手元にあるので稜線に悩むことはありませんでした。
ケガいて切り取りが終わるころは日没ぎりぎりでした。
もうすぐ4月だというのにこの寒さといったら何なんでしょう?!

HT3-090329-2.JPG
今回はずいぶん前にこのプリントベニヤを買っておいて、床にべた置きして放置しておきました。
その甲斐があってか板の反りが少ないようです。
点検穴はとにかく大きくしました。

レイアウトを作ろう・再起動


ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 22:13 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年11月16日

植樹作業はほぼ終わりました!!

XXNY0010.JPG
塔ノ沢駅舎周りの植樹が終わった様子です。
内緒ですがこの駅に行くための道がありません。

XXNY0012.JPG
外灯が付きました。
なかなか良い雰囲気です。
XXNY0016.JPG
弁天様はこんな感じに作り始めました。
1作目の函音登山鉄道に使った弁天様を小型化してます。

XXNY0017.JPG
植樹作業はほぼ終わりです。
ひさびさに登場!!旅館も定位置に収まりました。
一段高いところ、旅館の奥に一軒の民家があります。
LEDを組み込んであります。
旅館へ通じる道の途中には外灯が一つあります。

XXNY0018.JPG
所変わって30Rの鉄橋です。
橋脚の足元は草ボウボウです。
奥のトンネル出たところに紫陽花が咲いています。
posted by りょう at 23:04 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月26日

植樹作業2

XXNY0009.JPG
資材が届いたので作業再開。
昨日スチノリを東急ハンズで買ってきました。
なんでこんなに高いのでしょうか?!まあいっか。
今日はこの辺を植樹しました。

XXNY0007.JPG
そして塔ノ沢駅周りです。
作っておいた街灯も取り付けました。

XXNY0004.JPG
点灯試験です。

XXNY0005.JPG
トンネルに迷い込んだモグラさんの視点?!

植樹作業はまだまだ続くです。
posted by りょう at 23:45 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月19日

植樹作業続行中

XXNY0001.JPG
今日も昨日に引き続き植樹の修行をしています。
景気良くドッカンドッカンと貼っていたら材料が足りなくなってきました。
急遽ホビセンに発注しました。
仕方が無いので今日の修行はココまで!!
ステンレス扉のモハ2形を載せて記念撮影じゃ。
ヘッドライトは画像を加工してまんねん。
なんか今日はキャラが変ですね・・・・修行のせい?!
posted by りょう at 18:06 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月18日

早川を作る

XANY0057.JPG
早川の緩やかな流れを塗装で表現します。
まず最初にカラージェッソのグリーンを大きな筆で均一に塗ります。
カラージャッソはレイアウトボードの目を整える効果もあります。

XANY0061.JPG
KATOの情景キットで崖を3つ作り水彩絵の具で塗装しました。
アースカラー、グリーン、ブラック、グレーなどなど
薄く溶いて何度も何度も重ね塗りします。
塗るというよりも上から垂らす感じです。
塗装が終わった崖ブロックを適当に割ってレイアウトに木工ボンドで
取り付けます。

XANY0065.JPG
リキテックスのアクリル絵の具で浅いところと深いところを塗り分けます。
浅いところはコバルトターコイズ、深いところはプルシアンブルーです。
筆に水を少し含ませ、その筆に絵の具を少し取り、彩色します。

XANY0066.JPG
水面の表現はリキテックスのグロスポリマーメディウムを使います。
塗るというよりは垂らす感じです。
白濁していますが乾くと透明になります。

XANY0069.JPG
このまま一気に両岸の植林を済ませてしまいましょう!!
フォーリッジクラスターとクランプフォーリッジ、緑色と暗緑をランダムに景気良く貼っていきます。ケチってはいけません。

posted by りょう at 22:54 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月12日

山の着色と紫陽花エリア

XANY0044.JPG
プラスタークロスで覆われた山を緑色に着色します。
使用するのはカラージャエッソのテールベルトです。
どうせ着色スポンジで覆ってしまうのですが、そのスポンジのスキマから石膏の白い色が見えては台無しなのです。
それに白い地肌に直接スポンジを貼った時と、一旦緑色に塗った地肌にスポンジを貼った時とを比べると、着色してから貼ったほうが落ち着いて見えます。

XANY0045.JPG
今回のレイアウトでテーマになっている紫陽花ライトアップエリアです。
どんな感じになるか早く確認したかったので一番初めに取り掛かりました。
線路際にはチップLEDが4個、上から照らす双頭の街灯1基でライトアップします。

XANY0046.JPG
光量は充分です。線路の部分まで光が届いていないので運転手さんが眩しいことは無いでしょう!!
posted by りょう at 21:26 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月06日

石膏作業

XANY0041.JPG
さあ、いよいよ石膏作業に取り掛かりました。
まだ途中だった山の基礎をやっつけてしまいましょう。
緩衝材でごねごねしながら形を決めていきます。
イメージが固まってきたらテープで固定します。

XANY0042.JPG
プラスタークロスを被せていきます。
大小様々の大きさにカットしておいて水に漬けてぺたぺたと貼り付けていきます。
プラスタークロスも改良されたのでしょうか?!
袋から出しても粉が飛び散りません。
ハサミでカットする時もそれほど飛散しません。
水に漬けた感触も全然違います。基礎の形になじみにくい感じです。
飛散しなくなったのは嬉しいですが基礎の形に馴染みやすかった改良前のあの柔軟さがなくなったのが残念です。
posted by りょう at 00:21 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年09月29日

山の形成1

XANY0037.JPG
山の形成に取り掛かりました。
中垂れを防ぐためにスタイロフォームの補強を入れています。

XANY0038.JPG
紫陽花ライトアップゾーンです。
前回作った線路際のライト(黒い物体)を並走するように取り付けました。レール固定用の黒スパイクで固定しています。
上から照らすライトは双頭式です。現地にこんなのがあるかどうかは定かではありませんが、まあ良しとしましょう。
緩衝材を置いて山の形を吟味中。

XANY0039.JPG
道路に線がひかれました。
道路のトンネルを忘れていました。
posted by りょう at 00:13 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年09月07日

稜線

地形工作で一番大掛かりな作業になります。
レイアウトボードをぐるりと囲むようにプリントベニヤを仮止めします。
XANY0025.JPG
想像力と現地の様子を思い出しながら稜線をけがいていきます。
これが一番むずかしかったりします。
これをミスると後で修正が効かないので慎重に・・・。
XANY0026.JPG
けがき終わったベニヤを取り外し、ジグソーで稜線をカットします。
点検穴はカッターノコで切り抜きます。
ジグソーパズルのピースではありません。
XANY0027.JPG
木工ボンドとレール固定用のクギで稜線パネルを取り付けます。
XANY0028.JPG
反対面からの写真です。
稜線パネルの突合せ部分もレール固定用のクギと木工ボンドで結合しました。
ベニヤの板厚にクギを打ち込むのが大変でした。
XANY0029.JPG
この後、山の基礎作りと生きたい所ですが、信号場の架線中1本と照明工事を失念していました。
これを終わらせておかないと先に進めません。
posted by りょう at 23:22 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2007年11月19日

渓谷部のスタイロをカットする

SANY0070small.JPG
渓谷となる部分のサブテレインとスタイロフォームをカットしました。
建物の位置関係を確認しながら国道1号線のルートを決めなければなりません。
建物のレベルを悩んでいます。
posted by りょう at 23:20 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2007年11月18日

イメージを膨らましています

SANY0064small.JPG
出山の鉄橋を作っています。
GMのキットの改造です。
SANY0065small.JPG
こんな感じでカットして繋ぐと長さが140mmになります。
SANY0069small.JPG
仮の建物を配置してどのくらいの高さに建物を配置しようか検討しています。
ニードルパンチは接着済みです。渓谷となるところは後で切り取ります。
posted by りょう at 22:49 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年12月10日

荒れた舗装路

20061210-1.jpg
レイアウトの裏側にあたるスイッチバック信号所の後ろの山の裏手です。
荒れた舗装路はスタイロフォームとパテで整形し乾いたところでカッターや定規を使って中央が高くて道端が低くなるように強引にへこませました。
その後でグレーやフラットアース、ディザートイエローで色をつけました。
表面はほんとにボコボコしています。
あとは適当に緑のスポンジを配しました。
今日は旧塗装のベルニナ号が走っています。
実物はこの塗装はもう走っていません。鉄道模型ならではですね。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年11月11日

崖っぷちを作る

20061111-1.jpg
レイアウトの右手奥の山は信号所でスイッチバックして出発した車両を隠すためにかなり急な山になっています。
そしてこの処理はGMのカタログに載っているジオラマを意識して崖にしました。
20061111-2.jpg
岩肌はカラージェッソのグレーを塗った後に薄めたタミヤカラーのブラウンやフラットアースなど色々塗り重ねましたがなかなか納得の風合いになってくれません。
トップには完成品樹木とファインリーフフォーリッジを立てています。
20061111-3.jpg
木々すれすれを走る登山電車です。
緑一色ですね、目には優しいですよ!!
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年11月05日

神社への道の整備

20061105-1.jpg
箱根登山鉄道の塔ノ沢駅には弁天様があります。
それもホームと一体化しているのです。なかなか面白い光景なので真似したいところですが線路配置の関係であきらめました。
鉄道模型レイアウトの場合は駅前から神社の参拝は坂道を登ってもらわなければなりません。
参拝が終わったらそのままホームへ行くことが出来るという設定は真似しました。
余談ですが塔ノ沢の跨線ポータルの階段登ってそのまま山の中へ行く道があります。一応その山道も真似しようと目論んでいるのですがものすごい急斜面のあぜ道になってしまいそう。
スニーカーでは登れないかもしれません。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年10月15日

神社をかさ上げする

20061015-1.jpg20061015-2.jpg
神社を駅より少し上げることにしました。その方が山の中の小駅の雰囲気が出せそうです。
捨てないでおいたスタイロフォームの切れ端を切り出して神社を置いてみます。
レイアウト枠に平行でもなく駅に平行でもなくわざと斜めに配置します。ちょっとしたコダワリみたいなものです。
神社の参拝客は30mm(実物換算4.5m)高いところにある神社へはスロープを登ってもらわなければなりません。
神社から駅の弧線ポータルへ直接行けてしまう予定です。
山から下りて来た電車がポータルを抜けて来ました。
このまま駅へ進入となります。
線路際の土ですが、新たな試みをしてみました。
ワンタイムパテとブレンドターフを混ぜて特性パテを作ってそれを盛りました。
ワンタイムとターフの混合比ですが、ワンタイムが多すぎると白っぽくなりすぎるので注意が必要です。
水彩絵の具で色を整えてもいいかもしれません。
今まではパテ塗り後ターフを撒いて水溶液で固着させていた工程がだいぶ短縮されます。
鉄道模型の世界でも工期短縮で鉄道開通も早まりみんなが嬉しい。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年09月24日

出山の鉄橋もどき

20060924-1.jpg
鉄道模型レイアウトの川の塗装をしました。
全体をカラージェッソのグリーンで塗った後、アクリル絵の具のプルシアンブルーを浅瀬にコバルトターコイズを深みに。
グラデーションになるように塗るのは困難ですねぇ。
この鉄橋の高さを実物に換算すると24メートルです。(換算せんでもいい)
本物の出山の鉄橋は45メートルですから約半分ということか。

posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。