2007年01月08日

モジュールレイアウト始動

モジュールレイアウトの製作を開始しました。
サイズは600x300の複複線です。
複複線の似合う風景って・・・・正月休みの間に考えて考えて出した結論は、都会の川を渡るプレート鉄橋とそれを跨ぐ都市高速。
600x300x18の集成材を底板にし、75x25x300の角材でかさ上げし5.5mmベニアを貼って基礎枠とします。
モジュールほぼ中央をコンクリートで固められたドブのような川が流れます。変化をつけるために斜めに横切ります、しかしこの斜めに横切るというのは製作する上ではチョットめんどくさい。詳細は後ほどということにして、川の片側の一段低いレベル片側1車線の道路があるという設定です。
その川を複複線の線路が渡ります。5主桁の下路プレートガーターとします。
さらに都会らしさを演出するために都市高速を配置しますが、これもただ線路に平行にしては面白くないので川の上を線路ごと跨ぐという無謀な構想をたてています。果たしてこんな形のものを造形出切るのか?!
さてさて、基礎枠の川となるところの5.5mmベニアを切り取って川の造形をしようかな・・、現物合わせでチマチマやってられないな。川が斜めに横切っており川の壁に傾斜が付いているので橋脚との境目や壁の端っこがいびつな形になりますからね・・・。
3分ほど考えて職業の道具・CADを使うことにしました。コンピューターの中にモジュールと同じ様にモデルを作って設計しました。
川を形成する部品の展開図をA3用紙に入るように配置して原寸でプリントアウトし工作用紙に糊付け、カッターナイフで切り出しました。
そして工作木材で補強しながら木工ボンドで組み立てました。
さーてうまくはまるでしょうか?!まずまずといったところでしょうかね!!

20070108-1.gif

20070108-2.gif

20070108-3.jpg


posted by りょう at 00:00 | モジュールレイアウト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。