2010年06月07日

函音第4弾 塔ノ沢駅レール敷設(2)

HT-4-20100607-1.jpg
まず、今日は塔ノ沢駅のレールのつなぎ目にハンダを流しました。
早速ポイントマシンを付けようとポイントをよくよく見たら
マイナーチェンジしたのでしょうか?!
フログをパチンパチンとさせるバネ保持部の構造が変わっています。
だからと言って困難な目に逢ったわけではないですが・・。
ベースを茶色に塗っておきバネを撤去したレールを元の位置に戻します。
茶色に塗った理由は、大平台セクションで学んだことによるもので
バラストを撒く際にポイントフログ部は極力少量、極端な話撒かないぐらいの勢いなんですが、それに備えてあらかじめ着色しておくという計算です。


HT-4-20100607-2.jpg
ポイントマシンを載せるベースを作ります。
厚さ4mm程度の板切れをホームセンターで買ってきてカットしたものです。
4つの穴はポイントマシンに付いているスイッチ台を留めているネジの逃がし穴。
笑っちゃうんですが、ネジが1mm長く、マシンベース底面よりも飛び出しているんです。
しかもマニュアルには飛び出すから何か挟むなりして対処しろと書いてあります。

HT-4-20100607-3.jpg
ベース板にポイントマシンを固定。
色々考えたけどこの方法が一番手っ取り早い。


HT-4-20100607-4.jpg
塔ノ沢駅の場合、ポイントはトンネルの中なのでポイントマシンはベースの裏ではなく
表に取り付けることにしました。
大平台セクション分のポイントマシンを買う際に試しに買ってみたコネクター部品が丁度役にたった!!
しかし残念!!1個しかない!!
わざわざ買いに行くのも面倒、ネットで調べたけど以外に無いもんだ。
他の物と一緒に一つの店で買いたいと思うのが人情ってもの。
でもあれはあるけどこれが無い・・・なかなかビシッと決まらない。
面倒になって探すの辞めちゃった。

話を戻します。
ピアノ線を気合と根性で「く」の字に曲げる。
コレがポイントにテンションを掛けてくれる。
定位と反位どちらも同じくらいのテンションがかかる位置を探りながら
ポイントマシンの位置を決めるのですが、
ここで今回ポイントマシンの下に付けたベース板の意味が見えてくる。
大平台セクションの方で苦労したのですが、
位置を割り出したとしていざポイントマシンを固定しようとしてネジ穴にネジを突っ込んでドライバーでグリグリやると位置がずれるんです。
 で、今回取った作戦はあらかじめ板に小釘を貫通寸前まで打ち込んでおき
、その状態でポイントマシンの位置を探り、決まったとことで釘をグイ!!
ずれることなく位置が決まります。

ところで・・、
茶色に塗ったけどココってトンネルの中だから別にやんなくて良かったんじゃねーの?!
すぐに判りそうなもんだけど・・。
まあ、そこはほれ、オイラのことだから。
まあ、そんなもんです。



レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




posted by りょう at 22:18 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 函音登山鉄道第4弾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。