2010年06月05日

函音第4弾 塔ノ沢駅レール敷設(1)

HT-4-20100605-1.jpg
レール敷設を始めました。
いきなり出来上がっているような写真ですが、まだ固定していません。
小さな釘で止めてあるだけです。
枕木の真ん中に直径1mmの穴をピンバイスで空けてベニヤに止めてあるだけで、
その釘も最後まで打ち込んでいません。

HT-4-20100605-2.jpg
湯本側には安全側線があって大平台セクションの時の様なポイントの組み合わせ加工を施して距離を詰めています。
事件が発生しました。
サクサクとレールのカット、枕木のカットをしていたのですが
ある時なんか妙な抵抗を感じました。アレ!!ココやけに硬いな!!
ガーン!!裏に仕込んであった配線を切ってしもうた!!
peco Nファインのポイントを裏返すと分岐部に細いワイヤーで配線がしてあります。
これのおかげで選択式になってるのですが、勢い余ってコレを切ってしまったということです。
最初は動揺しましたが何とか復旧できました。
写真を良く見るとその痕跡がみえます。

HT-4-20100605-3.jpg
強羅側
車両同士がギリギリです。

HT-4-20100605-4.jpg
今回から導入したニッパーです。
JR浜松さんにその存在を教えていただき早速ゲットして使ってます。
普通の金属用ニッパーは刃先が鈍角のためレール切断面が潰れてしまいます。
しかしこのニッパーは刃先が鋭角のためレール切断面が割と綺麗です。
少々きついですが未処理でもジョイナーを差し込むことが出来るレベルです。
通常のニッパーの場合は切断面の処理なくしてはジョイナー取り付けは出来ません。
やっぱり道具って大事!!



レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村








posted by りょう at 11:59 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 函音登山鉄道第4弾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。