2010年05月28日

函音第4弾 塔ノ沢駅のカーブ(2)

HT-4-20100528-7.jpg
現物合わせでなんとなく決まった線形を鉛筆でなぞるようにして
一旦ベニヤ板に書き写します。
それを採寸しCAD上で作図します。
前回のプラン図よりもやはりと言うか、かなり塔ノ沢駅が長くなります。
なのでいろいろ微調整してなんとか入りました。

HT-4-20100528-6.jpg
CADで作図した線形をプリントアウトしてベニヤ板の上に載せ
更にポイントを置いてみて雰囲気を確かめています。
目安としては十分に使えると判断しました。
この後この900x300のベニヤ板の上に塔ノ沢エリアだけの線路敷設をし
裏面にポイントマシンを取り付けてゆく段取りです。


レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




posted by りょう at 21:45 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 函音登山鉄道第4弾
この記事へのコメント
塔ノ沢って実物通りに作ろうとすると
900mm幅を使い切っちゃって、意外と大きいんですよね。

塔ノ沢駅の完全版が出来そうな予感が・・・♪♪
Posted by 箱庭駅長 at 2010年05月28日 22:31
箱庭駅長さん
そうなんですよ!!
セクションレイアウトとしてなら丁度いいんですけどね。
さすがに完全版は無理です(笑)
Posted by りょう at 2010年05月29日 12:39
りょうさん、こんにちは。

いよいよ開始されましたね!
PECOのポイント良いですね。
実物って、こんなにも車両同士の間隔が狭かったとは;
今回のはまた特にハードルが高そうですね。制作期待しております(^^。
Posted by JR浜松 at 2010年05月30日 15:04
JR浜松さん
コメントありがとうございます。
ほんとにスレスレなんですよ。
隣の電車に乗ってる人と握手出来るんじゃないかと思うほどです。
自らハードルを上げてしまったのでがんばるしかありません。
Posted by りょう at 2010年05月30日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。