2009年09月13日

プログラムコントローラー機能強化

プログラムコントローラーの車両検知にCDsが使えるようになりました。
今まではTOMYTECのセンサーレールやワンタッチセンサーに依存してて、レールシステムもファイントラックを選択せざるをえないところがあったのですが、今回の改良でユニトラックでもOKということになります。ファイトラックミニシリーズのポイントは信頼性がいまいちという感は否めません。
ポイントはユニトラックを使ってあとはフレキシブルを使えば進化した箱根登山鉄道レイアウトが作れる気がします。

cds-2.jpg
CDsです。
型式はMACRONのMI5527です。価格は40円から50円です。
大きさは直径5mmほどです。
電子パーツショップで手に入ります。
コントロールプログラムはコントローラーに組み込んでありますので、他に必要なのはセンサーとコントローラーを繋ぐ配線材だけです。

cds-1.jpg
道床に直径5mmの穴を明けます。
今回はファイントラックに取り付けます。

cds-3.jpg
CDsがスッポリはまります。
完成したレイアウトに組み込む場合は5mmの穴を貫通させて上から差し込むといいと思います。
固定はゴム系接着剤がいいでしょう。

cds-4.jpg
上から見るとこんな感じになります。

cds-5.jpg
CDsの足をまげて横に出しました。

cds-6.jpg
コントローラーと結線しました。
センサーが以外に目立たないです。
フロアレイアウトの場合はこんな感じになりますかね。
風景付きレイアウトの場合はセンサーの足を真下に抜く感じになると思います。

cdstestcap.jpg
走行の様子

レイアウトを作ろう・再起動

プログラムコントローラー予約受付中

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


posted by りょう at 21:45 | TrackBack(0) | 鉄道模型レイアウト運転

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。