2009年11月29日

ポイントマシンを作る

今日は午後から大須に行って来ました。
大須といえば昔は電子パーツ屋さんがたくさんあったのですが、やがてPCショップが大半を占めるようになり、今はその数も減りファッションタウンへと様変わりしつつあります。
昔からあるアメ横というビルにも電子パーツショップは数件が残っているだけです。

OS-091129-1.JPG
そこで手に入れてきたものはポイントマシンマトリックス回路用の部品です。
こんなの初代レイアウトのときも作りましたが、もうすっかり忘れてます。
「ぬぉ〜、コンデンサー1個違うの買ってきてまったがや!!」
ちっくしょー・・・まあいいや。

前回同様今回もお世話になったサイトはカーサロンモリさんのサイトです。
オフ会でもお世話になってます。

OS-091129-2.JPG
とりあえず1回路作ってみることにしました。
なんだか今日はイケてないです。
コンデンサーの向き間違えるしダイオードも付け間違えるし・・。
前回はユニトラック、今回はpeco、やっぱり勝手が違う。

OS-091129-3.JPG
とりあえず動きました。
かなり電気食ってそうです。
パッチンパッチン動きます。

大平台駅にはポイントが4つあります。
実際の大平台は4つのうち一つだけが駆動し、残り3つはスプリングポイントとなっています。
今回作るセクションは4つともポイントマシンによる駆動を行いますがマトリックス回路を取り入れて操作性をわかりやすくしようと思います。
具体的には、1)入線、2)強羅行き出発、3)箱根湯本行き出発
という3つのボタンを設けて、それに則したポイント切換えを行わせるというものです。

来週はこのマトリクス回路に着手したいと思いますが、その前にあと3つポイントマシンを買わなくちゃ!!
大須のKIDS LANDにはなかったのです〜。


レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 19:51 | TrackBack(0) | 大平台セクション
2009年11月28日

大平台ポイントの組み立て

近くの模型屋さんから電話があったので、頼んでおいたKATOのレイアウトパネル900X300を取りに行きました。
ポイントの突合せ部の直線を15mmほどカットしてヤスリで仕上げました。
パネルに罫書き線を引いてポイントを仮止めします。
ジョイント金具はほとんどの部位に挿入不可なため使っていません。
レールとレールを付き合わせたところに慎重にハンダを流して結合しました。
OS-091128-1.JPG

こういうパターンでPECOのNファインポイントを組んだらどうなるのかテスト運転をしてみました。
むずかしい話は抜きにしてとにかく開通側の電車しか動かないことを確認できました。
複線間隔ヨシ!!
「電車が逆だ」と突っ込みを入れないように!!
OS-091128-2.JPG



レイアウトを作ろう・再起動

ランキング参加中、清き一票をお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
posted by りょう at 22:53 | TrackBack(0) | 大平台セクション
2009年11月09日

PECOのNファインは選択式

OS-091109-5.JPG
今年の夏の取材で撮ってきた写真です。
今日はもう一組ポイントの加工をやりかけましたが
下の写真と見比べてみると・・・

OS-091109-6.JPG
現物は片わたりポイントの突合せ部にストレート部がありません。
PECOのポイントに更なる加工が必要のようです・・・。

ところでPECOはてっきり非選択式だと思っていたのですが、Nファインは選択式みたいです。
裏側に配線がしてあって開通側にはプラスとマイナスが流れるけれどそうでない側は両方とも同じ極性となるようです。
無電区間が無いのですね。

OS-091109-7.JPG
理屈で判ってもなんとなく心配なので実際に試してみました。
確かに選択式でした。
でも・・プログラムコントローラー使えるのかしらん?!滝汗。
posted by りょう at 21:52 | TrackBack(0) | 大平台セクション
2009年11月08日

複線間隔

OS-091109-1.JPG
PECOのレールが届きました。
Nファインです。
独特なレール断面をしており枕木のモールドに深く埋まっていて頑丈な作りになっています。
枕木から上に見えている軌道の高さが低いので車両を載せたときの安定感があります。

OS-091109-2.JPG
ポイントに追加加工を施して複線間隔を詰めて様子を見てみました。
結構いい感じではないでしょうか?!

OS-091109-3.JPG
ニッパーで切ったままでヤスリがけもしていないので断面が汚いですが、分岐側のレールを35mmぐらい切り落とし二つのポイントをつき合わせて様子を見ながらモールドをカットしてこんな感じになりました。

OS-091109-4.JPG
付き合わせるとこんな感じです。
PECOは初めてなので知らなかったのですが、スプリングポイントにはならないようですね・・改造すれば別ですけど・・。
あとポイントマシンを1個だけ買ってみましたが、いかにも電気を食いそうな予感がしてます。
まあ、それはそれとして複線間隔の問題もクリアしそうなのでゴーサインを出しましょう!!




posted by りょう at 18:04 | TrackBack(0) | 大平台セクション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。