2008年10月26日

植樹作業2

XXNY0009.JPG
資材が届いたので作業再開。
昨日スチノリを東急ハンズで買ってきました。
なんでこんなに高いのでしょうか?!まあいっか。
今日はこの辺を植樹しました。

XXNY0007.JPG
そして塔ノ沢駅周りです。
作っておいた街灯も取り付けました。

XXNY0004.JPG
点灯試験です。

XXNY0005.JPG
トンネルに迷い込んだモグラさんの視点?!

植樹作業はまだまだ続くです。
posted by りょう at 23:45 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月19日

植樹作業続行中

XXNY0001.JPG
今日も昨日に引き続き植樹の修行をしています。
景気良くドッカンドッカンと貼っていたら材料が足りなくなってきました。
急遽ホビセンに発注しました。
仕方が無いので今日の修行はココまで!!
ステンレス扉のモハ2形を載せて記念撮影じゃ。
ヘッドライトは画像を加工してまんねん。
なんか今日はキャラが変ですね・・・・修行のせい?!
posted by りょう at 18:06 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月18日

早川を作る

XANY0057.JPG
早川の緩やかな流れを塗装で表現します。
まず最初にカラージェッソのグリーンを大きな筆で均一に塗ります。
カラージャッソはレイアウトボードの目を整える効果もあります。

XANY0061.JPG
KATOの情景キットで崖を3つ作り水彩絵の具で塗装しました。
アースカラー、グリーン、ブラック、グレーなどなど
薄く溶いて何度も何度も重ね塗りします。
塗るというよりも上から垂らす感じです。
塗装が終わった崖ブロックを適当に割ってレイアウトに木工ボンドで
取り付けます。

XANY0065.JPG
リキテックスのアクリル絵の具で浅いところと深いところを塗り分けます。
浅いところはコバルトターコイズ、深いところはプルシアンブルーです。
筆に水を少し含ませ、その筆に絵の具を少し取り、彩色します。

XANY0066.JPG
水面の表現はリキテックスのグロスポリマーメディウムを使います。
塗るというよりは垂らす感じです。
白濁していますが乾くと透明になります。

XANY0069.JPG
このまま一気に両岸の植林を済ませてしまいましょう!!
フォーリッジクラスターとクランプフォーリッジ、緑色と暗緑をランダムに景気良く貼っていきます。ケチってはいけません。

posted by りょう at 22:54 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月12日

山の着色と紫陽花エリア

XANY0044.JPG
プラスタークロスで覆われた山を緑色に着色します。
使用するのはカラージャエッソのテールベルトです。
どうせ着色スポンジで覆ってしまうのですが、そのスポンジのスキマから石膏の白い色が見えては台無しなのです。
それに白い地肌に直接スポンジを貼った時と、一旦緑色に塗った地肌にスポンジを貼った時とを比べると、着色してから貼ったほうが落ち着いて見えます。

XANY0045.JPG
今回のレイアウトでテーマになっている紫陽花ライトアップエリアです。
どんな感じになるか早く確認したかったので一番初めに取り掛かりました。
線路際にはチップLEDが4個、上から照らす双頭の街灯1基でライトアップします。

XANY0046.JPG
光量は充分です。線路の部分まで光が届いていないので運転手さんが眩しいことは無いでしょう!!
posted by りょう at 21:26 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2008年10月06日

石膏作業

XANY0041.JPG
さあ、いよいよ石膏作業に取り掛かりました。
まだ途中だった山の基礎をやっつけてしまいましょう。
緩衝材でごねごねしながら形を決めていきます。
イメージが固まってきたらテープで固定します。

XANY0042.JPG
プラスタークロスを被せていきます。
大小様々の大きさにカットしておいて水に漬けてぺたぺたと貼り付けていきます。
プラスタークロスも改良されたのでしょうか?!
袋から出しても粉が飛び散りません。
ハサミでカットする時もそれほど飛散しません。
水に漬けた感触も全然違います。基礎の形になじみにくい感じです。
飛散しなくなったのは嬉しいですが基礎の形に馴染みやすかった改良前のあの柔軟さがなくなったのが残念です。
posted by りょう at 00:21 | 鉄道模型レイアウト地形製作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。