2008年08月24日

架線柱11本

XANY0019.JPG
今日はまず旅館を所定の位置に仮置きして配線処理をしました。
レイアウトの真ん中辺り、すぐ脇を登山電車が走りぬけ、眼下には国道が通っています。
それから架線柱を一気に11本立てました。
KATOの複線架線柱と単線架線柱を使っています。

XANY0022.JPG
架線柱台の差込部だけを使ってサブテレインにグルーガンで固定しました。
ニードルパンチは切り欠いてあります。

XANY0021.JPG
現在こんな感じになってます。
そろそろ地形に着手しますかね?!
posted by りょう at 23:05 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2008年08月17日

塔ノ沢9

塔ノ沢駅の部分を今まで別のところで作っていましたが、今回レイアウト本体の定位置に設置しました。
途中経過の写真を一切撮っていないので、ここ2.3日の作業内容を順に解説します。

XANY0001.JPG
まずバラストの散布も終わり、レイアウト本体に固定された塔ノ沢駅の全景です。
架線柱はKATO製複線架線柱を改造したものです。
KATO製は接着剤が効かないのでビーム上面にプラ板帯材を両面テープで貼って対処しました。

XANY0004.JPG

20060814-2.jpg
本線部分のバラストも撒き終わりました。
今回も実物に倣って軌道両側にプレートを沿わせました。
1mm厚のプラ板を4mm幅で切り出したものです。

XANY0006.JPG
ところ変わってレイアウトパネル裏面に照明用の端子台を取り付けました。
電子パーツ屋に行って10Pのものを2個買ってきました。
端子台の裏面に飛び出した接点をコードで繋いでしまいます。
表面のネジ端子にLEDからのコードを結線してゆきます。
今回はLED用電源はDC12Vとしました。
一番右側がパワーパックからの電源コードです。
LEDに抵抗を接続しなければなりませんが、容量計算には以下のサイトが大変役にたちました。
LEDの電流制限抵抗の求め方

XANY0007.JPG
またまた塔ノ沢駅に戻ります。
強羅側ポータル前の架線柱に付けた照明は1608チップLEDです。
上り側と下り側と直列配線してあります。
チップLEDに0.4mmエナメル線をハンダ付けしエナメル線は架線柱のビームに沿わせて反対側に渡り向こう側のLEDを経由してビームを渡り戻ってきます。
この作業が大変で大変で肩と目が凝り懲りになってしまいました。
しかも今回なぜかハンダ作業が上手く行かず8個使ってやっと2個だけ成功しました。
うち1個は紛失。2個は蒸発。残りは再起不能。
前回は上手く行ったのに・・・。

XANY0008.JPG
ホーム真ん中の架線柱には一回り大きいチップLED(3mmX2mmぐらい)を使ってみました。
さんざん1608で苦労してきたのでこのサイズですとハンダ付けも楽々でした。
取り付け終わった感じではやや大きいですが、3mmの丸型LEDに比べると断然見栄えがいいです。

XANY0009.JPG
塔ノ沢駅夜景です。
手前の湯本側ポータルのフェンスのアミアミがいい感じです。

XANY0017.JPG
待合所です。
照明はチップLED1608です。

XANY0013.JPG
湯本側ポータル内側から駅舎を撮ってみました。
目立たないですが時刻表の上のランプが光ってます。
トイレ入り口の明かりの白さが個人的に気に入ってます。
posted by りょう at 20:22 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2008年08月03日

塔ノ沢8

ZANY0114.JPG
駅舎に時刻表などを取り付けました。
ベンチはまだありません。
左のは路線図、その下は「この駅は無人駅です・・・」みたいな事が書いてある案内版です。
1/150にすると全然読めません!!当たり前です。

ZANY0113.JPG
ホームの待合室です。
GMの信号セットの小屋を改造しました。この手法は函音登山鉄道と同じです。
今回は中の張り紙を本物の写真を加工して再現してみました。
ベンチはエバーグリーンのL型プラ材です。
照明はまだ付けていません。
今日は珍しく作業がはかどった方です。
posted by りょう at 23:43 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。