2008年02月17日

塔ノ沢駅舎その3

tounosawa0.GIF
先週駅舎の大きさについて「デカイ」と述べましたら
掲示板の方で皆さんにいろいろアドバイスを頂きありがとうございました。
建築筋のJR浜松さんから写真判定のみという悪条件にもかかわらず
あらゆる考察・見解をいただきました。
そして写真の提供者でもあり測量師のだいちんさんがお仕事の道具
フォトモデラーというソフトを使って建物のワイヤーフレームを抽出していただきました。
出た結論は建物正面から見た時の地面から軒下までの高さが2100mmです。
だいちんさんからdxf形式でデーターを受け取り私のお仕事道具の3次元CADで読み込みます。読み込んだデーターが上の画像です。
tounosawa1.GIF
まずコレを前面柱の長さが2100mmになるように拡大します。
そうすると原寸に近い塔ノ沢駅舎のワイヤーフレームになったはずです。
残念ながら直角・平行が出ていないのでコレを元にNスケールの塔ノ沢駅舎を設計します。
設計するといっても先週作ったモデルの寸法を訂正するだけです。
こういうモデリングは任せてください!!サクサク!!
それで出来たモデル(ワイヤーフレーム)が上の画像です。
tounosawa2.GIF
これはモデルを6方向から見た図とアイソメ図です。
Nサイズ(1/150)にしたときの主要寸法を入れてみました。
SANY0070s.JPG
コレを早速プリンターで出力し紙工作です。
前回より少し真面目に作りました。
そして大きさを比較してみたのが上の画像です。
やっぱりデカイなあという直感は正解でした。
SANY0072s.JPG
正面からの比較
SANY0073s.JPG
ではレイアウトに置いてみましょう!!
1/150の人間と車両にも登場してもらいましょう!!
いいんでないの!!
SANY0075s.JPG
上空より見てみましょう!!
ばっちりじゃないですか。
デフォルメの必要はありません。
このままでもレイアウトに収まりそうです。

お世話になった JR浜松さんのサイト
お世話になった だいちんさんのお仕事のサイト
posted by りょう at 17:29 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2008年02月10日

塔ノ沢駅舎その2

SANY0037small.JPG

塔ノ沢駅舎の設計ですが、ドアや窓を書き加えて図面化しました。
それをプリントアウトしてみると想像以上に大きい気がします。
そこで実際にペラペラの駅舎を作ってみて置いてみることに・・・。
案の定デカイ!!
ここで初めて元祖函音登山鉄道の駅舎と比較。
やっぱりデカイものはデカイ。
おっかしいなあ!!もっとコンパクトになるつもりしていたのに・・。
写真を見ながら縦横比のみを頼りに図面を書いたのがダメなようで。
もっと大胆にデフォルメするか、全体を縮めるかしないと。
もう少し私に時間をください。
posted by りょう at 18:34 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2008年02月03日

塔ノ沢の駅舎

tounosawa.JPG
結構複雑な形をしている塔ノ沢の駅舎です。
(写真提供:D-MIURAさん)

ekisya.JPG
CADでモデリングしてみました。
フルスクラッチを目論んでいますが果たして私に出来るのでしょうか?!
posted by りょう at 23:53 | 鉄道模型レイアウト建物工作
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。