2007年12月23日

早川橋梁の橋脚

SANY0099small.JPG
早川橋梁の橋脚を作っています。
ここは粘土細工とはせずに工作用紙を使いました。
SANY0100small.JPG
早川橋梁を渡るとすぐにガーダーがあり、その橋脚は結構複雑な形になるので粘土細工する自信が無かったのです。
実物の写真からするとどうやら石積みとかレンガ積みではなくてコンクリート製の様です。
国道の道幅が予定よりだいぶ狭くなってしまいました。
SANY0101small.JPG
白い早川橋梁というのは異様ですね。早く塗装したいところですが、
レール塗装と橋脚塗装との順番を間違えると大変なことになるので
焦らない焦らない・・・。
posted by りょう at 23:33 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2007年12月15日

旅館

SANY0098small.JPG
旅館の屋根を作りました。
・・・・・それだけなんですけど。
屋根は塗りなおします。
posted by りょう at 22:40 | 鉄道模型レイアウト建物工作

楕円形橋脚1

SANY0094small.JPG
30Rの鉄橋の橋脚を作ります。
第一弾レイアウトの橋脚は太すぎた感があるのでもう少しスリムなものを目指します。
トイレットペーパーの芯紙でKATOの円形橋脚をぐるりと巻いてガムテープで固定したものを型とします。
SANY0096small.JPG
KATOの円形橋脚を抜き出して、そこへ京ねんど(白)を詰め込みます。
スキマが出来ないようにかなり真剣に詰め込まなければなりません。
そして切り開くと楕円形の橋脚が表れます。
乾燥させて硬くなるのを待ちます。
posted by りょう at 22:31 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2007年12月09日

ガーダー橋

SANY0090small.JPG
国道1号線を跨ぐガーダー橋と30Rのガーダー鉄橋を作っています。
紙に下書きしたものに両面テープを貼りエバーグリーンのプラ材を固定しながら接着剤を流し込みます。
SANY0091small.JPG
スチレンボードから切り出した国道1号を貼り付けました。
旅館へ入る坂道は0.5mm厚のプラ板です。
不規則にねじれた路面を表現出来て、この後の石膏作業で水を使っても
大丈夫なようにプラ板にしました。
工作用紙だとふやけてしまう可能性があります。
SANY0092small.JPG
ココにガーダー橋が架かります。
国道1号線は坂道を下りながら進んで山の中へ消えてゆきます。
posted by りょう at 22:22 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2007年12月03日

早川橋梁の製作2

SANY0087small.JPG
橋門構を作りました。
0.5mmのプラ板を2枚重ねてさらに型紙を貼り付けて切り出します。ヤスリで整形し2枚を離せば同じ形の橋門構が出来上がりです。
そして箱状に組み立てました。
SANY0086small.JPG
上横構を作ってかぶせてみました。
GMパーツを流用しています。
レールとステップと車両を置いてチェックしています。
SANY0084small.JPG
実物はもっと低いですが走行に支障が出るのであえて高くしてあります。

posted by りょう at 00:19 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2007年12月02日

早川橋梁の製作1

SANY0079small.JPG
出山の鉄橋(早川橋梁)を作り始めました。
3DCADで設計したものを縮尺1:1でプリントアウトしたものが治具です。
両面テープでエバーグリーンのプラ材を固定します。
両面テープに付いている赤いのはセーターの毛です(愚)
SANY0080small.JPG
雰囲気を確認中
SANY0081small.JPG
主構が完成。
黒いのはプリントアウトした原寸図のトナーです。
塗装するので問題ありません。
SANY0082small.JPG
床組はこんな感じです。
余っていたGMのパーツを組み込んでいます。
SANY0083small.JPG
仮組状態です。
上横構はまだ出来ていません。
ここで力尽きました・・・・・。
posted by りょう at 02:25 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。