2007年09月18日

紫陽花ライトアップその後のその後

IMG_1077small.JPG

この区画にどんだけ〜時間をかけてるのでしょうか?!
紫陽花を上から照らす灯りを追加しました。
ファイバーが地面からニョキッと生えて首をかしげ紫陽花を照らしております。黒く塗ると意外と目立たないものです。
この写真を始めてみた方はコレが箱根登山鉄道のレイアウトだとは思わないでしょうね?!
posted by りょう at 00:46 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年09月09日

レイアウトの紫陽花ライトアップ・続編

SANY0056small.JPG
紫陽花を上から照らすライトを取り付けました。
光ファイバー導光方式です。
柱はGM架線柱の柱部分を使いました。
光ファイバーをハンダごてであぶってU字に曲げた物を2本作り、柱に瞬間接着剤で固定します。
ライトの笠は0.5mmプラ板から適当に切り出して中心に穴を空けてファイバーに差し込んだだけです。
柱部分はスカイグレー、ライト部分はフラットブラックで塗装しました。
IMG_1071small.JPG
前回と同じアングルから撮影してみましたがいかがでしょうか?
上面が多少は明るくなって紫陽花の色が浮かび上がってませんか?

実物にこのような形態があるかどうかは不明です。鉄道模型の世界だからまあ良しとして大目に見てください。
レイアウトはこういう自由なところがいいですね。
ライト付き柱を立てる際に、「こんな角度でライトの光軸があったら運転手さん眩しくないかなあ」などといろいろ考えてしまいました。
でも良く考えたら運転手さん乗っていないので「そんなの関係ねえ」って声が聞こえてきました。
posted by りょう at 17:50 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年09月05日

夜のスイッチバック信号場

先週末に函音登山鉄道レイアウトで夜間走行シーンを撮影しました。
いろんなポジションで何テイクも撮影したにも関わらず納得のいくものが撮れませんでした。
ムービーカメラの液晶画面では上手く撮れたように思えてもPCに取り込んで確認してみると暗すぎるんです。
部屋の照明の条件とか撮影する時間も影響するみたいです。
箱根登山鉄道はその名の通り山の中を走っているので、夜は回りは真っ暗。そんな中明るい光を放った電車が走っています。
この鉄道模型レイアウトも山ばかりなので照明はかなり少ないと思います。車両の室内灯、特にモーター車はお世辞にも満足な発光をしているとは言えません。
なので真っ暗な中を室内灯がコウコウと光った電車が走っていることさえ再現出来ないのです・・(涙)
ライティングをもうちょっと工夫してもう一度トライしてみたいと思っています。
いくつも撮った中から何とか見るに耐えれそうな動画を探しました。
あまり出来が良くありませんが見てやってください。
夜のスイッチバック信号場の動画
posted by りょう at 21:38 | 鉄道模型レイアウト撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。