2007年06月24日

もう疲れましたが照明

20070624-1.jpg20070624-2.jpg
鉄道模型レイアウトの電飾化ネタももう飽きたと言われそうですね?!
メンテナンスホールの中に照明用基盤を4つ並べて固定しました。
スチレンボードにPCのマザーボード用のスペーサーを木工ボンドで固定しそこに基盤をネジで取り付けてあります。
スチレンボードは木工ボンドで山の芯材であるスタイロフォームに固定しました。
LED点灯キットは「エレ工房さくらい」さんの3V用を使っています。
一つの基盤で白色LEDが最大6個点灯できます。
白1個を黄色2個に置き換えることも出来ます。
一つのキットに一つの電池ボックスが入っていますが、8個の電池を並べるのが大変なので一つの電池ボックスから並列に4つのキットを結線しましたが、点くには点くのですがちょっと暗い気がしたので、最終的には2個のキットに付き1個の電池ボックスという風にしました。
もちろん電池をやめてパワーパックに置き換えることも可能です。
駅舎と交番と郵便局にも照明が入りました。交番前の電柱に街灯も付きました。これらの配線はホームのヘリに沿わせてメンテナンスホールまでもって行きました。
駅舎の入り口、駅名表の上が光っているのが判るでしょうか?
これは駅舎内のLEDの光をファイバーで導いてます。
現段階でLEDの数は21個ですが
旅館の玄関先が暗いのと信号所の灯りが少ないと感じております。
それから線路際のライトアップも思案中です。
もう少しこのネタは続きそうです。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月16日

それでもなお照明

ようやく駅のホームの照明が無事に取り付きました。
電灯の笠は今回もストローを半割りにしたものです。
内側をシルバー、外側をホワイトで塗装して木工ボンドでLEDの上にチョコンと接着して有ります。
配線の処理ですが山側の架線柱を渡りトンネルに突っ込みました。
実物の箱根登山鉄道に似せることが出来て一石二鳥です。
それにしても明るいです。私の部屋の蛍光灯よりも明るいです。
写真を撮っていたら娘がやってきました。
取り付けた電飾を全部点灯させて、取り付けの苦労話を無理やり聞かせてやりました。
ぐるりとレイアウトを一回りして裏山の民家を指差し「この家火事ジャン」
んぐっ!!確かにそういわれれば・・・。

20070616-1.jpg

20070616-2.jpg

20070616-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月12日

とことん照明

ここまでくると妥協が出来なくなってきました。
えー、鉄道模型レイアウトですがホームの照明を付けてます。
架線柱に付けます。KATOの架線柱は接着剤が効きにくいです。
でも強引に瞬間接着剤でエナメル線を付けてます。
チップLEDはやはり扱いが大変です。たった4箇所のハンダ作業に1時間もかかります。
やったー付いたと思って持ち上げると「ボロッ」。
気を取り直して慎重にハンダして今度こそはとそーっと持ち上げてよしよし。
でエナメル線を曲げようとしたら
もー・・・、たのんますわ〜。
エナメル線は架線柱の梁に沿わせて色を塗るとあんまり目立ちません。しめしめ。
これ、もしLEDがイカレテ交換しようにも絶対無理!!
それとチップLEDを2個紛失しました。
ケースから出した瞬間に消えてなくなっていました。不思議です。見つけられるわけがありません。
はじけとんだ音さえしないのでどの辺を探せばよいのか見当も付かない。
20070612-1.jpg

20070612-2.jpg

20070612-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月10日

しつこく照明

20070610-1.jpg20070610-2.jpg
まだまだレイアウト電飾化ネタは続きます。
チップLEDを使った街灯を裏山に設置しました。
うわー民家の明かりが隙間から漏れてますねえ。
部屋を暗くしすぎて撮影するとボロが出るので今後は止めましょう。
正面からの夜景も撮ってみよう!!カシャ!!
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月07日

街灯試作

20070607-1.jpg
チップLEDを使って街灯を作ってみました。
材料はGMの架線柱とストローとチップLEDと根性です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月03日

まだまだ照明

しつこいと言われそうですが鉄道模型レイアウトへの照明組み込みはまだ続きます。
旅館へ行く道の街灯と旅館近くの民家に照明を入れました。
街灯のLEDの配線は細いエナメル線を利用し電線に見立てて隣の電柱へ渡りその電柱に付けたLEDを経由し民家の2Fに入ります。
民家のLEDも経由して民家底面に出します。
民家の庭に旅館のときと同じ方法でパイプを通しておきましたので民家底面から出ているエナメル線をそのパイプに通して基盤までもって行きます。
ここに写真は載せませんが裏山の民家2棟にも照明を入れました。
全部で8個のLEDを一枚の基盤で点灯させています。
ここに載しきれない画像はブログの方に載せてますのでよろしければそちらのほうにもご足労ください・・。
20070603-1.jpg

20070603-2.jpg

20070603-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月02日

旅館照明プロジェクト2

次にレイアウト左側面のメンテナンス穴側からアルミパイプをレイアウト背面に向けて突き刺します。
これでパイプどおしが出会いましたね!!
このパイプにエナメル線を通します。
これでめでたく通線作業は完了しました。
この左側のメンテナンス穴に照明基盤を集めます。
無事にというか、めでたくというか、旅館に灯りが灯りました。パチパチ。
20070602-1.jpg

20070602-2.jpg

20070602-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
2007年06月01日

旅館照明プロジェクト1

鉄道模型に灯りを取り入れるとこんなにも楽しみが広がるとは・・・。
山の中腹にある旅館天海に照明を組み込みます。
旅館には黄色のLED2個と白色LED1個を直列に繋いで取り付けてあります。
そしてアノードとカソードの先端にエナメル線をハンダ付けしておき旅館の裏面より出しておきます。
旅館から出たエナメル線をレイアウト左側面のメンテナンス穴まで持っていくためにDIYで買って来たアルミのパイプを突き刺してレイアウトの背面に一旦貫通させます。
そのパイプにエナメル線を通し旅館を定位置に固定します。
(その2に続く)
20070601-1.jpg

20070601-2.jpg

20070601-3.jpg
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト電飾工事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。