2006年10月30日

線路標識

20061030-2.jpg20061030-1.jpg
箱根登山鉄道の特徴である急勾配と急曲線を表現するために線路標識を作りました。
このレイアウトの勾配は最大6%(60パーミル)
曲線半径は140mm(21m・・実物を越えている)です。
本物は勾配が80パーミル、半径が30mです。
勾配標の文字は写真から、曲線標の文字は資料を見ながら似たようなフォントで作りました。
インクジェットプリンター用のタック紙に印字してGMのヤツに貼り付けました。
出来たものをレイアウトに設置して記念撮影。
1種類ずつしか作らなかったのでこのレイアウトは全部30m、80パーミルということになりそうです。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト鉄道施設
2006年10月29日

信号所まわりの処理

20061029-1.jpg
今日のレイアウト工事の状況です。
信号所近辺の草木を増やしました。
線路の中にまで生えている草や走行する車両に触れそうな木々をフォリーッジやターフで表現しています。
20061029-2.jpg20061029-3.jpg
信号所先端の架線柱をようやく取り付けました。
特にターフは線路にばら撒いて木工ボンド水溶液を垂らすという地味な作業です。
ばら撒いたターフが鼻息で飛んで行ってしまうので大変でした。近日中に動画もアップします。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月22日

大草原の小さな小屋

20061022-1.jpg20061022-2.jpg
タイトルに深い意味はありません。
鉄道模型レイアウト製作内容です。
今日はほんの少しの時間しか工事が出来ませんでした。
信号所の下にある小屋、何のためにあるか分からない小屋ですが、その周りが草ぼうぼうになりました。
フォーリッジ(繋がったヤツ)を敷き詰めました。
そして石積みの壁の塗装の手直しをしました。
それにしてもベルニナ号大活躍です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月15日

神社をかさ上げする

20061015-1.jpg20061015-2.jpg
神社を駅より少し上げることにしました。その方が山の中の小駅の雰囲気が出せそうです。
捨てないでおいたスタイロフォームの切れ端を切り出して神社を置いてみます。
レイアウト枠に平行でもなく駅に平行でもなくわざと斜めに配置します。ちょっとしたコダワリみたいなものです。
神社の参拝客は30mm(実物換算4.5m)高いところにある神社へはスロープを登ってもらわなければなりません。
神社から駅の弧線ポータルへ直接行けてしまう予定です。
山から下りて来た電車がポータルを抜けて来ました。
このまま駅へ進入となります。
線路際の土ですが、新たな試みをしてみました。
ワンタイムパテとブレンドターフを混ぜて特性パテを作ってそれを盛りました。
ワンタイムとターフの混合比ですが、ワンタイムが多すぎると白っぽくなりすぎるので注意が必要です。
水彩絵の具で色を整えてもいいかもしれません。
今まではパテ塗り後ターフを撒いて水溶液で固着させていた工程がだいぶ短縮されます。
鉄道模型の世界でも工期短縮で鉄道開通も早まりみんなが嬉しい。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト地形製作
2006年10月08日

易者・駅舎

20061008-1.jpg
当鉄道の塔ノ沢もどき駅も実物を意識して無人駅という設定にしたいらしいです。
で実物の駅舎は改札など無く待合室のような感じです。
20061008-2.jpg
それで当鉄道のいまある駅舎をどうするかと考えていたのですが、入口から入って通り抜けてホームの階段へという動線だと建物の配置が限定されてしまうので
神社との位置関係もあってなんだかなあ〜、イマイチだなと思っていました。
そこで横の壁をぶち抜いて待合所みたいな雰囲気を狙ってみたいと思います。
20061008-3.jpg
中には時刻表、自販機を設置しました。
将来的にはベンチや張り紙なんかも追加していくつもりです。

ほんと、こんな行き当たりばったりで鉄道模型レイアウトは完成するのでしょうか・・・?!
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト建物工作
2006年10月07日

植林作業

20061007-1.jpg20061007-2.jpg
今日は仕事だったので夜になってからの工事です。
秋の夜長に工事に没頭と行きたいところですが夜更かしをすると次の日がダメなのでそんなことはしません。
で、相変わらず植林作業をしております。て言うかこのレイアウトそれしかないんですけど。
画像加工してヘッドライトを光らせてみました。
それと木の間からのチラリズム。
噂によると易者(だからこの変換は何!!)駅舎をまたいじってる様です。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
2006年10月01日

渓谷部の表現

20061001-1.jpg20061001-2.jpg
レイアウト右側に川があります。一応この鉄道模型レイアウトの見せ場の一つなんですが、その川の表面仕上げのためにグロスポリマーメディウムを塗りました。
急流ではないのでさざなみ等は表現していません。
そしてフォーリッジでおおい茂った木々を表現しました。
この部位が出来ただけでもう完成した気分です。記念撮影をパチリ!!
箱根登山を作っていながらトップの画像が旧レイアウトのものだったのですが、
やっとこのレイアウトでお気に入りの写真が撮れたので入れ替えました。
posted by りょう at 00:00 | 鉄道模型レイアウト演出関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。